これだけでOK!車の査定額を上げる方法【10万円以上高く売れる】

車を売るなら、少しでも高く買い取ってもらいたいですよね。
そのためには業者からの査定額(見積もり)を少しでも上げる必要があります。
車の査定額を上げるためには、そもそも車の価値・価格はどのようにして判断されているかを知っておくことが大切です。
中古車の査定額はどのようにして決まるのか?業者はどこを見て見積もりを出しているのか?
1つずつ、わかりやすく解説します。
業者が査定時に見るポイントが理解できれば、十分な対策が打てますよ。

【結論】車の査定額を上げるには、買取店の比較が不可欠

大手買取店も含めた一括査定が現時点ではベスト
最初に結論を言うと、車の査定額を上げるには車買取店を比較するのが最も効果的です。
わたしはこれまで何度か車を売却してきましたが、車の買取額はお店によって差があるので、比較するかしないかで10万円以上は余裕で差がついてしまいます。
つまり、比較しないと10万円以上損をするということです。
このあと車の査定額をアップさせるポイントについてくわしく解説していきますが、最も手っ取り早く査定額を上げるには、車買取店を比較するのが1番ラクで結果が出やすいと理解しておきましょう。
なお、車買取店を比較するために1店舗ずつまわるのは大変です。ネットの無料一括査定を使うと、最大10社の査定額をまとめて比較できます。
無料査定で愛車の最高額をチェックしてみる

車の査定額を上げる7つのポイント

それでは早速、車の査定額を上げるためのポイントを紹介します。
査定業者はこれら7つの項目をもとに買取額を決定します。
「7つはちょっと多くない?」と思われるかもしれませんが、すべてにこだわる必要はありません。あなた自身がチェックできるポイントだけでOKです。

  • ① 車を売る時期とタイミング
  • ② 年式、モデル
  • ③ 内装と外装の状態
  • ④ エンジン、ブレーキ、バッテリーなどの動作状態
  • ⑤ 走行距離
  • ⑥ 車検がいつまでか
  • ⑦ 自分のお店で買い取りたい車種か

① 査定額が上がる時期とタイミングを知ろう

車を手放すベストなタイミングは2〜3月
車の価格変動は時期、タイミングによって激しくなることがあります。
大きく下がることもあれば、上がることもあるわけです。
たとえば、冬になると4WDの車やSUVに人気が集中します。あるいは夏になれば開放的なオープンカー需要が高まります。
買取店は車を皆さんから買い取ったあとに、業者間のオークションへ売却するので、需要がある車のほうが高く買い取ってもらえるのは当然ですよね。
時期によって人気車種の需要は変わってくるということを覚えておきましょう。

レジャーなどのイベント時期によって価格が変わることも

もう1つの「車を売るタイミング」とは、要するに季節やイベントに合わせて売却するということです。
夏はアウトドアに出かける人が多いので、夏前はキャンピングカーが高く売れます。
やはり人の動向は車の使い方にも影響してくるので、もしタイミングを合わせられるようなら自分が乗っている車が高く売れるタイミングを見極めましょう。
https://readgram.jp/stay-in-my-suv/

車の年式が新しいうちに売って査定額アップ

中古車の場合はできるだけ新しい方が高く買い取ってもらえます。
「できるだけ新しい」とは車検証に記載されている「初度登録年月日」が新しいほうが高く売れるということです。
初度登録年月というのは、車が陸運支局などに新車登録された日のことです。
聞いた話によれば、わずか2週間売るのが遅れただけで10万円も査定額が下がってしまったケースがあります。
特に、年をまたぐだけで年式が1年古くなってしまうので、年をまたがないで(年内に)売ってしまったほうが高く売れるケースもあります。
迷っている間に愛車の値段が崩れてしまう可能性があることは覚えておいて損はないでしょう。
https://readgram.jp/model-car-mileage-check/

② 新しいモデルが出ると前のモデルは査定が下がる

BMW 1 シリーズ デザイン
年式・モデルについてですが、車は新しいモデルの方が高く査定されます。
特にフルモデルチェンジの場合は注意が必要です。
新型の車が発売されると、前のモデルは中古車としての価値が大きく下がります。
これは新型車を求める需要が高まるためです。
マイナーチェンジの場合でも査定額が下がるのは避けられません。
もし車の売却をするタイミングで新型車が発表される(発売が開始する)可能性があるなら、新型車の発売前のほうが査定額が高くなるのでお得です
新しいモデルの発売を調べるのはむずかしいですが、可能な限りは新型車の発売前に査定してもらいましょう。
メーカーの公式サイトだとモデルチェンジの発表が遅いので、クルマ雑誌をこまめにチェックすると早い段階で新型車の情報をキャッチできます。
https://readgram.jp/model-change-newcar/

③ キズやヘコミ、車内の汚れやニオイは落としておく

傷やヘコミのある車を査定に出す前のチェックポイント
内装と外装の状態をキレイにしておく効果は2つあります。
1つは査定士の印象を良くする効果です。査定士も人です。洗車されてピカピカの車であれば、車に好印象を抱くので査定額は上がります。
キレイにすることで得られる2つ目の効果はなんといっても、車自体の価値を高めることです。

傷やヘコミは原則、そのままでOK

では、どの程度まで車をキレイな状態にしておくべきでしょうか?
まず外装のキズやヘコミは、自分で修理できる浅いものであれば直しておくべきです。
一方で、修理工場に出さなければならないようなキズやヘコミは、コストに見合うだけの査定額を得られません。
つまり、修理代をかけて直しても、赤字になってしまうということです。
なぜなら、修理代を超えるほど査定額は高くならないから。そのため、小さなキズやヘコミは直さないで、そのまま査定に出すことをおすすめします。
https://readgram.jp/car-scratch-satei/

意外と気づかない「車のニオイ」に注意

また、シートの汚れは落としておきましょう。
意外と気づかないのが「車のニオイ」です。ペットによる動物臭、タバコのニオイは自分では気づかないものです。
ニオイがきつい車は減額となるのでキレイにしておきましょう。
市販の消臭剤を使うよりも、重曹を使ってシートを直接拭いたほうが効果があるのでおすすめです。
https://readgram.jp/car-smell-satei/

④ 最低限のメンテナンスで査定額は上がる

車のメンテナンス
車の動作状態はなかなか素人では手をつけにく部分ですが、エンジン・ブレーキは「音」でその状態を判断することが可能です。
エンジンをかけた時に異音がしないか?ブレーキはきちんと効くか、踏んだときに変な音がしないか?
また、エンジンオイルなどはこまめにチェックして、できれば半年に1度 or 5,000kmごとに交換するのがおすすめです。
査定直前に簡単に修理できるものもあれば、日頃からのメンテナンスで車の状態が決まってしまうものもあります。
メンテナンスは自分で出来ることと、プロにお願いすることに分かれます。
お金をかける必要はないので、自分でチェックするか、ガソリンスタンドの人に無料点検をお願いしておくのもおすすめです。
https://readgram.jp/long-car-main/

⑤ 車は1km走るごとに10円以上のマイナス査定

走行距離」は買取基準に大きく影響します
走行距離は、査定額においてもっとも理解しやすいでしょう。
長い距離走った車はそのぶんだけ損耗が激しいので、査定額が下がります。
ガリバーの発表によれば、車によって違いはあるものの、1km走るごとに10円以上のマイナス査定になると算出しています。
10円だとイマイチわかりにくいですが、100km走れば1000円のマイナスということです。
車の査定はおおむね10万キロを目安にして、買取額が大きく変わってきます。
10万キロを超えた車であれば、中古車としての価値はほとんどないと言われます。
場合によっては乗りつぶした方が結果的にはお得かもしれません。
なお、車のグレードが高い(高級車)ほど走行距離に対しての減額が大きくなります。
査定額を上げるためには走行距離が少ないに越したことはありません。
https://readgram.jp/a-num-of-kilo-crash/

⑥ 車検が残っている車は査定額が高くなる

車検が切れた車を運転するとどうなる?
車検が残っている車のほうが、買い取ったあとに業者が転売しやすくなるので、査定額が上がる傾向にあります。
中古車を買ったことがある人ならわかると思いますが、車を選ぶときに車検残はけっこう気になります。
わたしが以前、ボルボV60を買った販売店の営業スタッフさんも、「これは車検残が少ないので、別の車のほうがおすすめです」と明言していたくらいです。
とはいえ、プラス査定になるのは1年以上車検が残っている場合です。
車検が3年丸々残っている場合でもプラス7〜10万円程度の査定にしかなりません。
つまり、車検が残っていても大きなプラス査定にはなりません。反対に査定額が2ヶ月を切るとマイナス査定になりやすいです。
車検残が長くても大きなプラスにならない理由は、買取会社は自社の提携工場で安く車検を通すことができるから。
もし車検切れの車の売却を考えている場合は、わざわざ車検には出さず、そのまま査定に出しましょう。
車検に出しても、査定額は大きく上がることはないので赤字になってしまいます。
https://readgram.jp/run-out-of-car-inspection/

⑦ 買取業者にも得意・不得意の車種がある

得意車種と不得意車種
自分のお店で買い取りたい車種、つまり買取業者が転売しやすいかどうかということです。
車の買取店にも得意分野と不得意分野があります。
車も同様で、輸入車販売を得意とする業者もあれば、スポーツカーの買取を得意とする業者だってあります。
また、その買取業者の車の在庫状況によっても査定額は大きく左右されます。
たとえば国産のミニバンが不足している業者であれば、その車が欲しいので査定額は高くなります。
もしあなたの乗っている車が専門店を構えているなら、そういったお店に売ったほうが査定額は上がりやすいでしょう。
専門店はメジャーどころからマイナーな車種まで幅広いので、あらかじめ調べてみるのがおすすめです。
たとえば、個人経営のお店まで含めると以下のような専門店があります。

査定額を上げるために最も重要なことは?

【コレだけで準備OK!】車の査定で必要な用意しよう
以上7つのポイントに気をつけることで、査定は上がります。
車を売る時期、メンテナンス状態、走行距離など条件はさまざまです。
ただし、査定額を上げるために最も重要なことは別にあります。それは、最初に説明したとおり複数の買取店に査定してもらうことです。
車の査定というと、多くの人が持ち込みを選びます。
しかし、じつは1社のみの見積もりになってしまうので持ち込み査定では査定額は上がりません
わたしは最低でも3社に査定してもらうことをオススメしています。
まずは無料一括査定を活用して、少しでも査定額が上がるようにしたいですね。

僕の車が30万円以上も高く売れた理由

僕が乗っていたフォルクスワーゲン「ゴルフ」は無料の一括査定を活用したおかげで、ディーラーの下取りより38万円も高く売ることができました。その理由は「ナビクル車査定」(無料)を使ったからです。

査定はすべて無料で、申込みは最短45秒で終わります。スマホやパソコンに査定額がスグ表示されるのでとりあえず概算価格だけを知りたいという人にもおすすめです。

\ 今スグ愛車の最高額をチェックしてみる /
車の査定・買取
シェアする
BRINK FLAG
タイトルとURLをコピーしました