【車が高く売れる時期】車を手放すべきタイミングは全部で4つある

車を高く買い取ってもらうために、誰にでも簡単に試せる方法があります。
それは、高く売れる時期に車を手放すことです。
車は手放すタイミング次第で、価格が大きく変わります。
車をより高く買い取ってもらうためにはいくつかの条件がありますが、やはり高く売れる時期を選ぶのは最重要項目の1つです。
車の状態が良いのはもちろん重要ですが、「いつ手放すか」によって買取価格は大きく変わってきます。
なぜ車を手放す時期によって高額査定に関係あるのでしょうか?くわしく解説します。

買取査定業者が査定で1番重視するポイント

査定業者は買取時期を重視する
車を売るときに必ず通る道が「車の査定」です。
いわゆる車の買取業者に査定を依頼するわけですが、こうした業者は何を1番重要視しているのでしょうか?
車の状態?年式?走行距離?
どれも正しい答えですが、じつは「より高く転売できる時期・タイミング」を業者は重要視しています。
つまり、あなたから買い取った車をできるだけ高く第三者に売ることができるタイミングを求めているのです。
言われてみれば当然の話で、車の買取業者は買い取った車を高く売ることで利益を上げています。
少しでも高く転売できる時期に車を買い取ることができれば、あなたの車の査定価格を多少高くしても十分に利益が出るので、商売として成り立つわけですね。
では、あなたが車を売るときに気をつけるべきことはなにか?
それは査定業者の心情を読み取って、買取価格交渉の余地がある適切な時期に売却することなのです。

車が高く売れる時期は全部で4つある

車が高く売れる時期
気になるのは「いつ高く売れるの?」ということです。
結論から言うと、車が高く売れる時期は「車の需要(買う人)が多いタイミング」です。
車が高く売れる時期というのは、同時に「車がもっとも売れる時期」でもあります。
つまり、あなたから買い取った車をすぐに転売するためには、「みんなが車が欲しいと思っている時期」を狙う必要があります。
車の売買が活発になると言われているのは、大きく分けて以下の4つです。

  • ・新生活シーズン(3〜4月)
  • ・異動が多い時期(4月、10月)
  • ・ボーナス期(6〜7月、12月)
  • ・自動車税が発生する4月1日以前(2〜3月)

新生活や異動シーズンは車の需要が増える

生活の変わり目や、異動による職場の変化が起こる時期は、車の売買が増えます。
春になると卒業や入学、就職などによって新生活を迎える人が多くなりますよね。
それに合わせて車を売ったり買ったりする人が増えるため、中古車相場が高くなるのです。
転勤がある人は車を手放しますが、反対に新天地で車が必要になる人もたくさんいます。
また、大学生や専門学生は地域によって車で通学することもあります。
こうした時期を狙うのも、車を高く売る秘訣です。
https://readgram.jp/when-you-transfer/

お金がもらえる時期は、みんな車が欲しくなる

もう1つは、ボーナスや昇給によってお金が手に入る時期です。
まだ車を持ってない人は新しく購入しようとしますし、すでに乗っている人は新しい車への買い替えを検討する時期です。
また、ボーナス時期はディーラーも力を入れて車を販売しようとします。値引き額も大きくなる傾向があるため、「それなら車を買い替えちゃおうか」と考える人が増えるのです。
車を買い替える人が多いタイミングは、新車も中古車も需要が増えますから、あなたの車が高く売れる時期でもあります。
こうしたタイミングに照準を合わせて査定に出すことで、他の時期に比べて買取価格がアップすることが予想されるので、結果的に車を高く売ることができるでしょう。

自動車税を払いたくない人は4月1日以前に車を買い替える

車の売買が1番増えるのは、じつは2〜3月です。この時期は、引っ越しシーズンなので車を売ったり買ったりする人が増えることは説明したとおりです。
もうひとつ重要なのが、4月1日時点で車を持っていると自動車税が発生してしまうということ。つまり、自動車税を払いたくない人は、4月1日より前に車を売ろうとします
https://readgram.jp/no-tax-car/
純粋に車を手放す人もいれば、「この古い車の税金を払うくらいなら、あたらしい車を買ってしまいたい」という人も増えるのが2〜3月です。
よって、2〜3月は車が高く売れる時期として申し分ありません。
無料査定で愛車の最高額をチェックしてみる

走行距離が5万km、10万kmを超える前に売ろう

走行距離」は買取基準に大きく影響します
車が高く売れる時期(タイミング)として、走行距離を目安にする方法もあります。
車は走行距離によって買取額が変わってきますが、そのなかでも5万kmと10万kmという節目を超えると、車の買取額は下がりやすくなります。
そのため、少しでも車を高く売りたいのであれば、走行距離が5万kmや10万kmを超えるよりも前に売りに出すのがおすすめです。

モデルチェンジ前のほうが高く売れる

モデルチェンジ前は高く売れる
モデルチェンジが行われると、古いモデルは人気が下がるため、買取額も低くなりやすくなります。
もしいま乗っている車のモデルチェンジがすでにわかっているのであれば、モデルチェンジよりも前に手放したほうがお得です。モデルチェンジについては以下の記事でも解説しています。
https://readgram.jp/used-car-after-mc/
モデルチェンジの情報はメーカーの公式サイトでは公表されないので、車のニュースメディアや雑誌をチェックするようにしましょう。
おすすめとしては、「カートップ」と「ベストカー」の2雑誌です。輸入車なら「ル・ボラン」という雑誌もおすすめ。いずれもクルマ初心者にもわかりやすく、なおかつ最新のモデルチェンジ情報も紹介されています。
https://kot-book.com/recommended-car-magazines/

車種によって、高く売れる時期はちがう

SUVが高く売れる時期
じつは、どの車にも共通する高く売れる時期がある一方で、特定の車種やジャンルによって高く売れる時期が変わってくることがあります。
たとえば、四輪駆動のSUVオープンカーといった少し特殊なタイプの車です。
四輪駆動のSUVは雪が降る時期に重宝されるため、寒い時期のほうが人気が出やすい傾向があり、高く売れる可能性が高まります。
オープンカーの場合は暖かい季節のほうが高く売れると言われています。
オープンカーは真冬の寒い時期に乗っても、暖房をガンガンかければ意外と平気だったりするのですが、やはり春から秋にかけてのほうが買取額はアップしやすいのです。
ただし、これはごく一部の話。査定額がアップするとはいえ大幅に高くなる可能性は見込めません。
もし売る時期を高く売れるタイミングに合わせられるのであれば、合わせたほうが少しだけお得に車を売ることができるでしょう。
https://readgram.jp/newcar-timing/

買取業者の気持ちになれば、車は高く売却できる

買取業者の立場になってみる
車を手放すタイミングについて、もう少しくわしく見ていきましょう。
車の売買が活発でない時期でも、査定業者の仕事をちょっと考えてみるだけで高く売れる可能性は十分にあります。
ポイントは「査定を受けてスグに買い取り契約を結ぶこと」。いわゆる”即決”で車を売ることです。
なぜ買い取りをすぐに決めると、車は高く売却できるのでしょうか?その理由は大きく分けて2つあります。

  • ・営業ノルマを達成しなければならない
  • ・他の業者と比較されるのを防ぎたい

すぐに買い取り、スグに転売。ノルマを早く達成したい

車の買取業者の営業マンにもノルマ(よくいえば目標)があります。
ですからなるべく早い(言ってみれば、実車査定後の)タイミングで買取契約を結びたいと考えています。
なぜなら、そのほうがノルマを達成しやすくなるからです。
想像すればおわかりになると思いますが、その場で決断をしない人はもう戻ってきてくれません。いわゆる「検討します」という断り文句ですね。
ですから、査定をしてもらう日と実際に手放す日(契約をする日)は間を空けないほうが価格交渉の余地があります。
ただし、即決すれば何でも高く売却できるかといえば、決してそんなことはありません。
重要なのは、
「いまこの場で決めるので、査定額をアップにしてもらえますよね?」
というスタンスで査定業者と交渉をすることです。
言葉を選ばずにいえば、あなたは査定業者の「足元」を見て交渉することができます。
すぐに買い取りたいなら、もう少し上乗せしてね
車を査定後すぐのタイミングで売るということは、このようなスタンスで臨むことを可能にしてくれるのです。
実際、「いま売ってくれたら査定額アップします」という業者は少なくありません。

他社と比較されると困るから

これは1つ目のポイントとも関係してきますが、車の査定業者は他社と比較されることを嫌います。
言われてみれば当然なのですが、一括査定をお願いすると高い業者と安い業者で数十万円の差がつくことがザラにあります
つまり、買い取ろうとしている車の査定額がつり上がってしまうことを嫌がるわけですね。それでは自社の利益が減ってしまいます。
わたしも以前、一括査定で車を売ったことがありますが最高値と最低値で38万円の差がついたことがあります。
そのときは急いでいたこともあり、2社目の見積りでその場ですぐに契約。
買取店に対しては「もう他の業者には査定に出さないので、金額を上乗せしてください」という交渉をして、大幅なプラス査定を実現しました。
中には「他社さんではそんなに値段つきませんよ?」と言ってくる業者もいます。
でもそんなことは絶対にありません。
その場合には「わかりました。他社さんに見積りをお願いしますのでお引き取りください」と毅然とした態度で対応すればいいわけです。
大切なのは、あくまでも「こっちのタイミング」で結論を出すこと。
業者の言いなりだと、満足のいく価格で手放すことができません。
業者の立場に立つことで、高く売れる時期に関係なく高い買取額で売ることができるのです。
無料査定で愛車の最高額をチェックしてみる

車の相場は日々変動していることを忘れてはならない

車の相場は日々変動していることを忘れてはならない
そして、車は査定後になるべく間を空けずに契約をすることで、高い買取価格が実現できるようになります。
車の価格は日々変動しています。
ですから、たとえば売ろうとする時期の半年前に査定に出しても意味がありません。
査定業者は現時点の査定額しか出せないからです。
車を売るときは査定と契約までのタイムラグをなくして、なるべく早く決める。
そのときに一括査定をきちんと活用していれば、買取交渉もカンタンかつスムーズに進めることができます。
また、車の買取件数が多くなる時期についても注意が必要です。
競合が増える時期は、なおさら多くの業者に見積もりをとってもらうことが欠かせません。そうすることで、大幅な査定アップがみこめるからです。
まずは一括査定を活用して、見積もりを出してもらうことが大切です。
しっかり業者を比較すれば、高く売れる時期にこだわる必要はなくなります。あなたのタイミングで、満足いく買取を実現しましょう。

僕の車が30万円以上も高く売れた理由

僕が乗っていたフォルクスワーゲン「ゴルフ」は無料の一括査定を活用したおかげで、ディーラーの下取りより38万円も高く売ることができました。その理由は「ナビクル車査定」(無料)を使ったからです。

査定はすべて無料で、申込みは最短45秒で終わります。スマホやパソコンに査定額がスグ表示されるのでとりあえず概算価格だけを知りたいという人にもおすすめです。

\ 今スグ愛車の最高額をチェックしてみる /
車の査定・買取
シェアする
BRINK FLAG
タイトルとURLをコピーしました