【故障でも高く売れる】故障車を高い値段で売却する方法

車を売る前になって故障や不具合が見つかった場合、修理するべきなのでしょうか?
ふつうに考えると、「故障車は修理してから売るべきだ」と考えるかもしれません。
しかしその修理、ただのムダな修理になる可能性があります
なぜ故障車は修理せずに査定に出したほうがいいのでしょうか?
故障車を少しでも高く売却するコツについてわかりやすく解説します。

故障車を手放すと決めたときにすべきこと

記事では車の故障原因とその対策について解説していますが、すでに故障車を手放す(売却する)ことを決めている人に伝えたいことがあります。
それは以下の3つです。

  • ①故障車はそのまま売却しよう
  • ②故障車や事故車専門買取は避けよう
  • ③故障車こそ複数の買取店を比較しよう

①故障車はそのまま売却しよう

すでに売ることを決めている故障車を律儀に修理する人は少ないかもしれませんが、なかには愛車を直してから売却したいと考える人もいるでしょう。
しかし、故障車は修理に出さずそのまま売却してください。なぜなら、故障車を直して売却しても修理代を取り戻すことはできないからです。
わかりやすくいえば、修理代にかけた金額が査定額に上乗せされることはないということ。
車買取店は自社の工場を持っていることがほとんどなので、故障車を買い取って安く修理することができます。
つまり、あなたがどこかの整備工場に頼んで修理するよりも、はるかに安い金額で業者は修理できてしまうのです。
よって、車を売るまえに故障車を修理する必要はありません。

②故障車や事故車専門買取は避けよう

故障車を売るとなると、多くの人が「故障車(事故車)買取店」を選択すると思います。
しかし、故障車を売るときでも通常の車買取店に売ることをおすすめします。
そもそも故障車専門の買取店は店舗数が少なく、競合が少ないため買取額が低くなる傾向があるからです。
ですから、一般的な車買取店を比較して売却することをおすすめします。
https://readgram.jp/damaged-car-satei/

③故障車こそ複数の買取店の査定額を比較しよう

故障車は言うまでもなく査定額が低くなる傾向があります。そのままお客さんに売り出せないわけですから、それは避けられません。
ですが、あなたが故障車の低い査定額をそのまま受け入れる必要はありません。きちんと買取業者を比較すれば、納得のいく金額で売却できるからです。
同じに見える車でも、じつは査定業者によって買取額はバラバラです。
そのため、複数の車買取店を比較してから決めないと、損をすることになるのです。
わたしは何度も買取店による査定額の差に驚いたことがありますが、過去には30万円以上も差がついたことがあります
故障車を売るときこそ車買取店を比較する。そうすることで、手元に残る現金が多くなります。
とはいえ、1店舗ずつ車を持ち込むのは面倒ですし、不利なので、ネットの無料一括査定がおすすめです。
無料査定で愛車の最高額をチェックしてみる

故障にも種類がある!故障車の知識を身につけよう

故障にも種類がある!故障車の知識を身につけよう
車は非常に複雑な構造をしているため、簡単には故障や不具合の原因がわからないことも多いかと思います。
修理をしようと思ったときに、どこが不調なのかがすぐにわかれば対処がスムーズになります。
車の故障は、大きく3つに分けることができます。

  • ①エンジンの故障
  • ②内外装のキズ、不具合
  • ③バッテリーの故障

エンジンまわりの故障にも種類がある!

まずはエンジンの故障について見ていきましょう。
車のエンジンはいろいろなパーツや機能が組み合わさって構成されています。

  • ・エンジン本体
  • ・冷却系
  • ・潤滑系
  • ・吸排気系
  • ・動力系
  • ・電装系

おそらく、いずれも一般の人とっては馴染みのないものばかりでしょう。
コンピュータ制御による車のシステムが発達したいま、その構造はかなり複雑化しています。
故障車のなかにはエンジンの不調が原因となるケースが多いのですが、単純にエンジンだけとは言えない場合もあります。
ある程度は自分で故障の可能性を探ることができたほうがいいですが、エンジン関連の不調や故障は自己診断するのを避け、ディーラーや修理工場に相談をすることが先決です。

エンジンから変な音がしたら故障のサイン?

エンジンから変な音がしたら故障のサイン?
エンジンの故障を知る上で最もわかりやすいのは「異音」です。
車を運転している、あるいはエンジンをかけたときに普段とはちがう音がした場合にはチェックしましょう。
「カラカラ」という音がしている場合には、ウォーターポンプに異常がある可能性があります。
ウォーターポンプとは、わかりやすくいえば「エンジンを冷やす装置」のことです。
エンジンは冷却水を使って冷やしておかないと高温になってしまい、故障につながります。
異音がしていると、エンジンを冷却する機能に異常が起きている場合があるので、検査が必要です。
すぐに問題が起きるわけではありませんが、やがてエンジンが故障する可能性があります。故障車は早めに修理に出すか、悪化するまえに手放すようにしましょう。
https://readgram.jp/car-engine-fix/

エンジンオイルは車をエンジンに欠かせない存在

エンジンまわりでもう1つ欠かせない存在が「エンジンオイル」です。
エンジンオイルとは、わかりやすく言うと「パーツの潤滑油」の役割を持っています。
さきほど説明したように、エンジンは何もしないとかなり高温になります。
そうすると、エンジンのパーツ同士の摩擦で大きな熱が発生し、トラブルが起こる可能性があります。
摩擦による高温や、エンジンパーツの磨耗を防ぐのが「エンジンオイル」です。
このエンジンオイルに異常が発生すると、パーツが正常に動かなくなり故障します。
エンジンオイルについても、異常が発生すると「変な音」が起きます。
故障を未然に防ぐためにも、エンジンの音には注意しておきましょう。
もし異音を確認したら、すぐにディーラーや修理工場に持ち込むことをオススメします。
日頃からエンジンの音には気を配り、異常にすぐ気づけるようにしたいところです。
ちなみに、エンジンオイルは6ヶ月あるいは5,000kmで交換するのが目安とされています。故障車になるまえに、定期的なオイル交換をこころがけましょう。
https://readgram.jp/car-oil-exchange/

内装・外装の故障や不具合にはどんなケースがある?

それ以外の不具合や故障としては、車の本体に何らかのトラブルが起きたケースがあります。
ボディのキズや凹み、エアコンの故障、ステアリングの不具合、タイヤのパンクなどさまざまです。
これら本体の不具合は見ただけでわかることも多いので、判別はカンタンです。
エアコンの故障については、のちほど紹介するバッテリーの異常である可能性があります。
自力で修理するのはいずれもむずかしいことが多いため、こちらもディーラーや修理工場に点検をお願いしましょう。
なお、修理工場によっては点検だけなら無料でやってくれるところも多いので、とりあえずどこか不調なのかだけ確認してもらうのもおすすめです。
ただし、最初に説明したとおり、もし売るのであればお金をかけて修理する必要はなりません。赤字になって損をするだけです。
https://readgram.jp/car-scratch-satei/

車のあらゆる動きに関係するバッテリーの故障

車のあらゆる動きに関係するバッテリーの故障
エンジンやインテリア・エクステリア(内装・外装)以外にも、必ずチェックしておきたい項目があります。それがバッテリーです。
エンジンがかからない、エアコンが作動しないといった不具合はバッテリーの故障が原因の場合があります。
バッテリーは文字通り車の「電源」として必要不可欠な存在です。
もし車の故障を感じることがあれば、必ずバッテリーを確認してください。
バッテリーがあがってしまった場合は、他の車から充電してもらう方法もあります。車にはバッテリーケーブルを積んでおくといいでしょう。
https://readgram.jp/flat-battery-car/

バッテリーの故障を確認する方法

バッテリーの故障をチェックするには、どのような方法があるのでしょうか?
バッテリーに異常を感じた場合には、まず以下の3つの項目を確認してください。

  • 1. バッテリー液の残量
  • 2. バッテリー端子の状態
  • 3. エンジンのかかり方

「1. バッテリー液の残量」については、実際にバッテリーを見て適正な量よりも少ない場合には交換が必要な場合があります。
「2. バッテリー端子の状態」は、マイナス端子・プラス端子に白い粉が付着している場合には交換を検討して下さい。
「3. エンジンのかかり方」は、セルモーター(エンジンキー)を回してみてください。エンジンのかかり方が遅かったり、エンジンがかからない場合はバッテリーに問題がある場合があります。

バッテリーの故障を正常にする方法とは?

3つの方法でバッテリーをチェックして、なにか問題があった場合にはどうすればいいのでしょうか?
バッテリーを正常な状態にする方法には大きく分けて2つの方法があります。

  • 1. バッテリーを交換する
  • 2. 他の車にバッテリーをつないで供給してもらう

バッテリーの交換は、基本的に自動車工場でお願いすることになります。
他の車にバッテリーをつなぐ場合には、ブースターケーブルが必要です。バッテリー容量の問題もあるので、できれば自分の車よりも大きい車にお願いするのが理想です。
ボンネットを空けて、マイナス端子とプラス端子同士をつないでエンジンをかけましょう。

【まとめ】車を売るときでも故障や不具合はそのままで

故障や不具合は修理不要
ここまで、車の故障や不具合について簡単に説明してきましたが、車を売るまえに起きた故障であれば修理はしないほう良い場合があります。
故障を直さないほうが良い場合とは、以下のケースです。

  • ・故障を直すのに10万円以上かかる
  • ・車がすでに動かない

車の故障を直すのに10万円以上の費用がかかる場合には、そのままの状態で売りに出して下さい。
車の修理は程度や箇所によりますが、どんなものであってもそれなりの費用を覚悟しなければいけません。車体のキズであれば、数万〜数十万円はかかります。
それがエンジンまわりの故障であれば、さらにお金がかかる可能性もあります。
車がすでに動かない場合には無料出張査定を呼んで査定をお願いしましょう。
最初に説明したとおり「買取業者は安く修理できる」ので、自分で修理をしてしまうと赤字になってしまいます。

故障車にかけたお金は戻ってこない

修理にかけたお金は、車を売るときにきちんと査定額に反映されるのでしょうか?
いいえ、査定額には修理費用がそのまま反映されることはまずありません
車の買取業者は、自前や提携先の工場など、修理を安く済ませることができる体制が整っています
ですから、わたしたちが修理にかける費用よりもかなり安く済むのです。

故障を修理する前に査定に出したほうがトータルで得になる

自分で修理をして相当の費用をかけるくらいなら、そのまま売ってしまった方が結果的には手元に多くお金が残ることになります。
査定業者にはいろいろなタイプがあります。
故障や不具合の車はまったく買い取らない方針のところもあれば、むしろそういった車を積極的に買い取るお店もあります。
もしいまあなたの車が故障や不具合を抱えているのであれば、故障車を積極的に買い取ってくれるお店をさがしましょう。
買取店に車を持ち込んで1つ1つお店をまわるのは非効率です。
まずはインターネットの一括査定を活用して、効率的に高い価格で売却しましょう。

僕の車が30万円以上も高く売れた理由

僕が乗っていたフォルクスワーゲン「ゴルフ」は無料の一括査定を活用したおかげで、ディーラーの下取りより38万円も高く売ることができました。その理由は「ナビクル車査定」(無料)を使ったからです。

査定はすべて無料で、申込みは最短45秒で終わります。スマホやパソコンに査定額がスグ表示されるのでとりあえず概算価格だけを知りたいという人にもおすすめです。

\ 今スグ愛車の最高額をチェックしてみる /
車の査定・買取
シェアする
BRINK FLAG
タイトルとURLをコピーしました