自動車保険で更新の連絡が来ないときの対処法とは?

自動車保険は長期間の契約をのぞいて、毎年契約の更新が必要です。
ですから、1年に一回は更新の手続きをとる必要があります。
しかし、更新の手続きはうっかり忘れてしまうこともありますよね。
そういったことを防ぐために、保険会社は満期日の2ヶ月前を目安に「更新のお知らせ」を届けています。
本来であれば、届くはずなのですが時には保険会社から更新の連絡が来ないこともあります。
更新の連絡が来ないという人はどうすればいいのでしょうか?

すみやかに保険会社に連絡を!

満期日がそろそろ来る、というときに更新のお知らせが届いていない場合はすみやかに保険会社に連絡をとりましょう。
更新のお知らせは、基本的には保険の契約者に必ず届くようになっています。
それなのに来ないというのは、何らかの不備が発生している可能性があります。
届かない理由としては「住所の変更をしている」などが考えられるでしょう。
自動車保険を契約したときの住所と現住所がちがう場合には、更新の連絡が来ない事があります。
そうでない場合でも「満期日更新のお知らせ」が届かない可能性はゼロではありません。
いずれにしても、更新日が過ぎて放っておくと無保険車になったり、割引が適用されなくなる恐れがあります。

無保険車のままだと多額の賠償金が発生する恐れも

自動車保険は基本的に更新手続きをしないといけません。
放っておいてもそのまま更新される契約もありますが、なかには手続きをしないと打ち切りになることもあります。
ですから、自動車保険の更新を迎えて手続きをしないままでいると、知らぬ間に無保険状態になっていることも考えられます。
無保険状態で人身事故などを起こすと、最悪の場合には億単位の賠償金を自己負担しなければなりません。
自動車保険会社から連絡が来ないからといってそのままにしておくのは大変危険です。
なるべく早く連絡を入れ、更新の手続きをとりましょう。

満期日を過ぎると等級が引き継げないことも

なぜ満期日の更新連絡に注意しないといけないのでしょうか?
その理由は「等級の引き継ぎ」にあります。
自動車保険は、1年間無事故であれば等級が1ランクずつアップします。
しかし、満期日の翌日から7日間が経過すると「等級が消滅」する可能性が出てきます。
等級が消滅すると、たとえば20等級だった人も、次の契約では6等級からスタートしなければいけません。
そうすると、保険料の割引率が下がり大きな損につながります。
ですから、満期日のお知らせは確実に受取るようにしましょう。
そして、お知らせが来ない場合にはすみやかに連絡をすることが重要です。

満期日を忘れないために出来ることって?

自動車保険の更新日を常日頃から気にしている人はほとんどいないでしょう。
ですから、うっかり忘れてしまうのも仕方ない部分があります。
そのうっかり忘れる、を無くすためにはどんな方法があるでしょうか?
1つ、便利なサービスがあります。
それが、保険の窓口「インズウェブ」の【満期日メール案内サービス】です。
これはメールアドレスと保険の満期日を設定すれば、満期日の90日前にメールでお知らせしてくれるサービス。
誰でも利用できるサービスですので、満期日を忘れたくない人にオススメです。

満期日のタイミングで保険を見直そう

自動車保険会社から連絡が来ない理由はいくつか考えられますが、このタイミングは自動車保険を見直すチャンスでもあります。
自動車保険のほとんどは1年間で更新を迎えるので、このタイミングで他社の保険を比べることをオススメします。
そうすれば、いままで気づいていなかった不要な補償を削ったり、反対に補償を手厚くすることもできます。
保険会社によって保険料はかなり異なりますので、比較が必須と言えるでしょう。
そのときには効率的に自動車保険を比較できる、無料の一括見積りサービスを活用しましょう。
まずは気軽に見積もりをとって、少しでも安い自動車保険を見つけたいですね。

僕の車が30万円以上も高く売れた理由

僕が乗っていたフォルクスワーゲン「ゴルフ」は無料の一括査定を活用したおかげで、ディーラーの下取りより38万円も高く売ることができました。その理由は「ナビクル車査定」(無料)を使ったからです。

査定はすべて無料で、申込みは最短45秒で終わります。スマホやパソコンに査定額がスグ表示されるのでとりあえず概算価格だけを知りたいという人にもおすすめです。

\ 今スグ愛車の最高額をチェックしてみる /
自動車保険の手続き
シェアする
BRINK FLAG
タイトルとURLをコピーしました