車のヘッドライトの黄ばみや曇りの原因は?黄ばみを取る方法

車のお手入れをしているときに気になるのがヘッドライトの黄ばみです。
新車を買ったばかりの頃は気にならなかった黄ばみも、長く乗っていると黄ばみが目立つようになってきます。
いくら車体をキレイに保っていても、ヘッドライトが黄ばんでいるだけで印象がかなり変わってきますよね。
ヘッドライトの黄ばみを防ぐ方法と、適切なメンテナンス方法を知って美しい車の状態を保ちましょう。
最初に結論をいうと、ヘッドライトの黄ばむ原因は紫外線と汚れです。
そして、ヘッドライトの黄ばみや曇りは、市販のクリーナーで簡単に除去できます。
なお、ヘッドライトの黄ばみで車の査定額は低くなる可能性があります
ただし、車の買取業者によって査定基準がちがうため、減額にならないことも。
そのため、少しでも高く売りたいのであれば、いくつか業者を比較してみて、最高額で買い取りしてくれるお店に売却するのがおすすめです。

車のヘッドライトが黄ばむ原因は?

黄ばみ対策の前にまずは原因を知っておくことが大切です。
車のヘッドライトはなぜ黄ばむのでしょうか?
ヘッドライトの黄ばみの原因、それはズバリ「太陽光」です。
ほとんどの車のヘッドライトはポリカーボネートという樹脂でできています。
このポリカーボネートが劣化することで黄ばみが生じるのですが、樹脂を劣化させるのが太陽光(紫外線)です。
太陽光に加えて、さらに雨にさらされることで黄ばみは進行します
雨に濡れた状態では水滴がレンズの代わりとなるので、ヘッドライトの樹脂が傷みやすくなります。
屋根のない駐車場に車を止めている場合は、ヘッドライドの黄ばみは進行しやすいということです。
もし少しでも車を長持ちさせたいのであれば、屋根付き駐車場に停めるようにしましょう。
https://readgram.jp/long-car-main/

ヘッドライトが黄ばむとライトの明るさが低減する

ヘッドライトの黄ばみは、見た目が古く見えるというのが大きなデメリットです。
しかし、それ以上に問題なのが照射能力に悪影響が出ること。
つまり、ヘッドライトが黄ばんでいるせいで、夜間のライトの明るさが低減してしまうのです。
ヘッドライトの黄ばみが光を吸い取ってしまうのが原因なので、ライトの黄ばみを除去する必要があります。
なお、ヘッドライトがあまりにも黄ばんで曇っていると、車検に通らない可能性もあるので、車検前にチェックしておくことをおすすめします。
https://readgram.jp/timing-of-car-inspection/

ヘッドライトの黄ばみを防ぐ&取る方法

こまめな洗車でヘッドライトの黄ばみは防げる
ヘッドライトの黄ばみが太陽光による樹脂の劣化であることがわかりました。
ではどのようにすれば黄ばみを防ぐことができるのでしょうか?
答えはズバリ、メンテナンス(洗車)をこまめにすることに尽きます。
屋根がない駐車場に車を止めている場合は、特にメンテナンスの回数を増やす必要があります。
先述のように、ヘッドライトの黄ばみは雨粒がレンズの代わりになって樹脂を痛めつけます
雨粒をすぐに拭いてキレイにできればベストですが、雨のたびに毎回拭き取るのは大変過ぎるので非現実的です。
ですから、面倒でも雨が降った翌日〜3日以内には洗車、せめてヘッドライトだけでも洗うと効果的です。
なるべく時間をあけずに洗車をするだけで劣化を防ぐことにつながります。
また、ヘッドライトのレンズをコーティングするというのも1つの方法です。
プラクリーンなどの黄ばみ除去剤を使って、かつ保護コーティン部を施せば黄ばみは大幅になくすことができます。

コーティング剤で黄ばみを取るときの注意点

ヘッドライトクリーナーで黄ばみを取る方法
市販のヘッドライトクリーナーは1,000円程度で買えるので、業者に頼むよりも圧倒的に安く済ませることができます。
ただし、DIYでヘッドライトの黄ばみを取るにはそれなりのコツが必要なので注意点をおさえておきましょう。

  • ① コンパウンドで磨くのでかなり大変
  • ② マスキングテープは丁寧に
  • ③ コーティング剤の効果は半年〜1年間

① コンパウンドで磨くのでかなり大変

ヘッドライトの黄ばみを取るには、まずコンパウンドで磨く必要があります。
コンパウンドを使うとはいえ、磨く作業はかなり力が必要で、なおかつ数十回と繰り返し行わなければいけません。
実際にやるとわかりますが、コンパウンドで磨き終わった時点で腕はパンパンです。
かなりの重労働であることを覚悟したうえで始めるようにしましょう。
なお、作業時間は1〜1時間半程度です。風の強い日だと、コンパウンドやコーティング剤での作業がしづらいので、穏やかに晴れた日を選びましょう。

② マスキングテープは丁寧に

ヘッドライトの黄ばみ取り前のマスキングテープ

画像:hajicolle.smt.docomo.ne.jp

ヘッドライトのクリーナーは、あくまでもポリカーボネート樹脂にのみ使えるものです。
言い方を変えると、ヘッドライト以外の部分に薬剤が付着すると、ボディが削れたりして大問題です。
マスキングテープを丁寧にやらないと、コンパウンドがボディに付着して汚れやキズの原因になってしまいます。
そのために、マスキングテープでヘッドライトとボディの境目をしっかりマークしておきましょう。

③ コーティング剤の効果は半年〜1年間

ヘッドライトクリーナーで黄ばみや曇りを取ったあとは、付属のコーティング剤でヘッドライトをコーティングします。
コーティング剤の効果はおよそ半年から1年間なので、それを過ぎるとまた黄ばみや曇りが発生するので注意しましょう。
ヘッドライトクリーナーはコンパウンドで表面を削るため、微細なキズができてしまいます
よって、コーティング剤の効果が切れた状態で放置すると、以前よりも黄ばみが悪化する可能性があるので注意が必要です。

ヘッドライトが黄ばんだ車は高く売れる?

ここまでヘッドライトが黄ばむ原因と、それについての対策について紹介してきました。
日頃のメンテナンスについてはおわかりいただけたと思いますが、車の売却を考えている方もいるかと思います。
車のキズなども気になるところですが、ヘッドライトが黄ばんだ車は査定に影響を与えるのでしょうか?
最初に説明したとおり、それは査定業者によって異なります。
車の査定は業者によってチェックポイントが違ってきます。
ということは、ヘッドライトの黄ばみをマイナスとして減額する業者もあれば、査定にまったく影響のない業者もあります
つまり、たとえヘッドライトの黄ばみが気になる車を売ろうとしていても、適切な業者に査定をしてもらえれば、思わぬ高額査定を引き出すことが可能です。
あれこれ迷うよりも、まずは一括査定に依頼をしましょう。
ヘッドライトが黄ばんでいても高く買い取ってくれる業者は確実に見つけられるはずです。

僕の車が30万円以上も高く売れた理由

僕が乗っていたフォルクスワーゲン「ゴルフ」は無料の一括査定を活用したおかげで、ディーラーの下取りより38万円も高く売ることができました。その理由は「ナビクル車査定」(無料)を使ったからです。

査定はすべて無料で、申込みは最短45秒で終わります。スマホやパソコンに査定額がスグ表示されるのでとりあえず概算価格だけを知りたいという人にもおすすめです。

\ 今スグ愛車の最高額をチェックしてみる /
車の修理・メンテナンス
シェアする
BRINK FLAG
タイトルとURLをコピーしました