思わずタメ息…。ベントレーの「フライングスパー」がカッコ良すぎる話

ベントレーといえば世界を代表する高級車メーカーですが、僕はこれまで敬遠していました。
というのも、多くの人が抱くイメージのとおり「金持ちの自己顕示欲」とか「逆に下品」という印象を持っていたからです。
しかし、先日とあるベントレーの車種を見て、思わず目が止まってしまいました。それがフライングスパーです。

フライングスパーの見た目はどのように変わったか?

2019年に新型モデルが発表されたフライングスパーですが、その見た目はずいぶん変わりました。僕が「かっこよくなった」と感じたのは以下のポイントです。

  • ・フロントライト
  • ・フロントグリル
  • ・フロントバンパー
  • ・リアテールライト

フロントライトのバランスに大きな変化

ロールスロイスの象徴ともいえる2つ(計4つ)の丸型フロントライトは当然健在なんですが、その形状が変わりました。先代モデルは丸型ライトそれぞれが対等な大きさだったんですね。

フライングスパー

出典:bentleymotors.jp


そのフロントライトが新型モデルになったことで中央が大きく、外側が小さい形状に変わりました。これにより、正面から見たときに与えるインパイクトが強くなり、力強く感じられます。
新型フライングスパー

出典:bentleymotors.jp

フロントグリルが網目状から縦型に変化

もうひとつ、フロントグリルもかなり変わりましたね。先代モデルまではクロス状の網目だったのですが、新型モデルでは縦型のグリルに変化。
これにより、威風堂々とした高級車たる存在感がより引き立っています。僕としてはメルセデス・ベンツのMercedes-AMG GT 4ドアクーペが大好きでして、そこで得た興奮をフライングスパーにも感じているのかもしれません。要するに縦型のグリルが好みなんですね、僕は(笑)

Mercedes-AMG GT

出典:メルセデス・ベンツ公式サイト

フロントバンパーの意匠が細かくなった

フライングパーのフロントバンパー

旧型モデル(出典:bentleymotors.jp)


車を見るときはついついフロントグリルとフロントライトに目がいきがちですが、じつは新型フライングスパーはフロントバンパーの形状も大きく変わりました。
ひとことでいえば、細かくなっています。これまではフロントグリルの網目をそのままバンパーにも採用するようなデザインでしたが、新型からはフロントグリルとは違う意匠を採用しています。
新型フライングスパーのフロントバンパー

新型モデル(出典:bentleymotors.jp)


これにより、これまでのフライングスパーが与えてきた威圧感(良くも悪くも)が失われて、少しだけ親しみやすくなりました。
ベントレーっぽさがなくなったともいえますが、僕にとってはベントレーは「ドヤ感」が強すぎたので、このフライングスパーはすごい好きです。

ボディサイズは圧巻の大きさ。取り回しに困る

フライングスパーのサイズ

出典:bentleymotors.jp


ベントレーを買う人は、ボディの大きさ(存在感)に惹かれて買うと思います。ただ、一般的なサイズの車に乗り慣れている僕からすると、ベントレーはサイズが大きすぎます。

  • 全長 5,316 mm
    全幅 1,978 mm
    全高 1,484 mm

この数値を見ていただくとわかると思いますが、まず目につくのが全長です。5mでも十分に大きいのに、そこからさらに30cm以上も長いという。駐車場によっては停められないサイズですよね。
参考までにお伝えすると、トヨタ・アルファードの全長が4,950 mmくらいなので、フライングスパーはアルファードよりも40cm近く大きいということです。
ただ、全長が長い分だけホイールベースも大きく取られています。それによって、車内の居住性は非常に快適に保たれているのです。
ベントレーに乗るような人は細かい寸法を気にすることもないのでしょうが、僕のような庶民が「もしフライングスパーに乗れたら…」と想像したとき、真っ先に「やばい…、サイズがでかすぎる」と考えてしまいます(笑)

ドアトリムが美しい。内装は文句なしの出来映え

フライングスパーのドアトリム

出典:bentleymotors.jp


内装については、ベントレーが持つ技術の素晴らしさが全面に出ています。
僕が個人的に好きなのはドアトリムのデザインです。高級ホテルのウォールを彷彿とさせるようなレザーの質感は、ベントレーを所有することの喜びを感じさせてくれるのではないかと思います。
やっぱり、車内で過ごす時間が長いわけですから、自分の好きな内装に囲まれていたいですよね。
もう一つ、フライングスパーの見どころとも言えるのが「ローテーションディスプレイ」です。
ベントレーのローテーションディスプレイ

出典:bentleymotors.jp


これは中央にあるディスプレイが3つの面を持っており、好みに応じて回転させて自分の好きな面を見せることができるというもの。
通常時はアナログ時計にしておいて、ナビゲーションを使うときには通常のタッチスクリーンにする、なんていう使い方ができてしまいます。
一見すると「そんな機能いる?」と思ってしまいますが、細かいインテリアを自分の好みに細かく設定できるのがベントレーが提供するカスタマーサティスファクションなんだと思います。

高級セダンでこのエンジン性能。正直持て余すレベル

フライングスパーのエンジン性能

出典:bentleymotors.jp


フライングスパーはエンジン性能でも驚かせてくれます。
エンジンは6.0リッターW12ツインターボチャージドTSIで、最高時速は333 km/h。0-100 km/h加速は3.8秒。
学校のクラスに必ず一人はいた、優等生なのに運動もできちゃうタイプと同じですね。
これほどのすごいエンジンを持っているわけですが、普通に市街地を走る限りでは宝の持ち腐れというか、持て余すことになるでしょう。
とりあえず日本の道路ではこれほどのエンジンを使いこなすことはできません。最高時速333 km/hと言われても、アウトバーンだとか、サーキットでないと性能を発揮できないですからね。
ただ、これだけのエンジンを積んでいるのに、それを寝かせたまま車に乗ることの満足感を味わえるのはベントレーの魅力ともいえるかもしれません。

フライングスパーという車種名の由来

フライングスパーという車種名の由来

出典:bentleymotors.jp


フライングスパーという車種名の由来については、公式サイトにも説明がなく正確な情報はわかりません。
ただ、造語というわけではなく、Flying Spur というのはそれぞれ実在する英単語です。
Spur は「拍車をかける、刺激する」という意味を持つことから、フライングスパーがどんな思いを込めてつくられた車なのかは想定できます。

フライングスパーの価格

フライングスパーの価格

出典:bentleymotors.jp


フライングスパーは価格が25,682,400円〜となっています。
言うまでもないですが、これは最低価格です。実際にはさまざまなオプションを付けることになるはずですから、もっと高くなることは不可避といえるでしょう。
この価格帯であれば、ランボルギーニ、フェラーリ、ロールスロイス、マクラーレン、アストンマーチンなどのブランドが競合となります。
僕が感じるベントレーの魅力は「おとなしそうに見えて、じつは猛々しい」というキャラクターです。
さきほども解説したように、佇まいは高級セダンなんですが、実際に積んでいるエンジンはモンスター級です。いざ走り出せば、スポーツカー顔負けの性能を誇ります。
個人的にはエンジン性能をそこまで求めていないので、この意匠でエンジンを落として価格を安くして欲しいと思ってしまいますが(笑)、エンジン好きの人でも文句なしの走行性能をフライングスパーは持っています。

僕の車が30万円以上も高く売れた理由

僕が乗っていたフォルクスワーゲン「ゴルフ」は無料の一括査定を活用したおかげで、ディーラーの下取りより38万円も高く売ることができました。その理由は「ナビクル車査定」(無料)を使ったからです。

査定はすべて無料で、申込みは最短45秒で終わります。スマホやパソコンに査定額がスグ表示されるのでとりあえず概算価格だけを知りたいという人にもおすすめです。

\ 今スグ愛車の最高額をチェックしてみる /
ベントレー(BENTLEY)
シェアする
BRINK FLAG
タイトルとURLをコピーしました