本当にお得?走行距離の少なすぎる中古車が危ない5つの理由

中古車をえらぶとき、「走行距離」のチェックは欠かせません。
なぜなら、中古車の価格は走行距離によって決まる部分が多いからです。
それだけ走行距離の少ない車は魅力的。中古車をさがすときにも長距離走っている車は避けたいところです。
しかし、「走行距離の少ないから良いかも」と、安易に中古車を選んでしまうと、買ってから後悔することになりかねません。
どうして走行距離が少なすぎる車は気を付けるべきなのでしょうか?

走行距離の少なすぎる中古車にはどんなワケがある?

SUV中古車
「走行距離の少なすぎる中古車」をわかりやすく言うと、10年落ちのモデルなのに走行距離が1万キロしか走っていない車などです。
こうした中古車は「走行距離が少なすぎる」と考えられるため、注意が必要です。
というのも、車の走行距離は平均で1年に1万キロと言われてるため、本来なら10年落ちの車は10万キロ走っているのが平均値ということになります。
にもかかわらず、わずか1万キロしか走っていない車は”低走行にはなにか理由がある”と考えるべきなのです。
こうした低走行距離車にはどんな理由が考えられるでしょうか?

  • ・試乗車だった
  • ・前のオーナーがほとんど乗らなかった
  • ・車検切れのまま販売店で不動車として放置されていた
  • ・大事故に遭って板金工場で眠っていた
  • ・メーターが改ざん(メーター戻し)されている

年式にくらべて走行距離が少ない車には上記のようにさまざまな理由が考えられます。

実走行で距離が少ない車は狙い目

実走行で距離が少ない車は狙い目
単純に実走行で走行距離が少ない中古車も存在します。
それは「試乗車だった」「前のオーナーがほとんど乗らなかった」といったケースです。
こういった車は年式が古いものの、車の状態としては申し分ない可能性が高いと言えます。
ただし、車は定期的に走った方がエンジンには良いので、メンテナンス状態は確認する必要があるでしょう。たとえば、オーナーが乗らずに長期間ずっと車庫に置いていたような車だと、状態が良いとはいえないからです。
もし販売店に確認がとれるのであれば、どんな理由で走行距離が少ないのか聞いてみるようにしましょう。
あとで紹介しますが、メーター改ざんや事故車として眠っていた車に比べると、実走行が少ない車は非常に優良な中古車です。
また、未使用車と言われる状態の車も、ほぼ新車ながら走行距離が極端に少なく、状態も良いので狙い目です。
未使用車とは?新車とどう違うの?メリット・デメリットを解説

本当にコワイのは事故車や未車検状態の車

本当にコワイのは事故車や未車検状態の車
ここからは注意すべき中古車です。
車検が切れたままガレージに放置されていた車や、大きな事故に遭ってグチャグチャのまま板金工場などで放置されていた車は、走行距離が少なくても避けたほうがいいかもしれません。
放置されていた車はエンジンをはじめとする車の状態が良くありませんし、メンテナンスもほとんどされていない可能性があるからです。

修復されて売りに出される車も要注意

また、走行距離が少ない事故車にも要注意です。
板金工場で眠っていた年式の古い事故車が修復されて、売りに出されることがあるからです。
車の状態は素人ではどうしても判別できません。
長く眠っていた車でも、見た目はあたらしくて良い状態に見えるからです。
ですから、きちんと信頼のおける中古車販売店を利用するようにしましょう。

「事故車ゼロ」のお店がおすすめ

走行距離の少なさにこだわるのであれば、たとえば「事故車の扱いはゼロ」を掲げている中古車販売店がおすすめです。
実際、僕は中古車を買うときは「事故車ゼロ」を掲げる地元の販売店で買うようにしています(いま乗っているボルボV60もそこで買いました)。

メーターの改ざん(メーター戻し)にも注意

メーターの改ざん(メーター戻し)にも注意
年式が古いのに走行距離が少なすぎる車として、もっともわかりやすいのがメーターの改ざんです。
さきほど説明したように、中古車は走行距離が少ないほうが高く販売できます。
ですから10万キロ走った10年落ちの車のメーターを、3万キロまで戻すのです。そうすれば本当は古い車でも、高値で売却できてしまいますよね。
見た目ではわかりませんから、「普通の中古車だと思っていたのに、メーター改ざん車を買わされていた」というケースは少なくないわけです。
こうした悪質な手口は残念ながら実際に起こっています。
メーター改ざんは明らかな違法ですが、そうした手口で儲けている業者がいる以上は自分で注意するしか方法はありません。
メーター改ざん車を買って後悔しないためには、以下のポイントに注意しましょう。

  • ・明らかに割安な中古車
  • ・お店の雰囲気が雑然としている(散らかっている)
  • ・展示している車が汚い

もちろん、こうしたポイントがすべて当てはまるわけではありませんが、メーター改ざん車を掴まないための予防策にはなるはずです。

走行距離が少なすぎる車ほど中古車相場を確認すべき!

走行距離が少なすぎる車ほど中古車相場を確認すべき!
ここまで説明したように、年式のわりに走行距離が少ない中古車にはいろいろなパターンがあります。
では、どうやって怪しい中古車を見抜けばいいのでしょうか?

率直に「走行距離が少ない理由」を聞いてみる

率直に「走行距離が少ない理由」を聞いてみる
まずは販売店に「どうして走行距離が少ないのか?」と聞いてみることです。
信頼のおける販売店であれば、ほとんどが正直な話をしてくれます。
しかし、もしその販売店がメーター改ざんをしているなど、悪徳業者だった場合には正直に話してくれません。
こればかりは自分で実際に話を聞いたときの感覚を信じるしかありませんが、複数の販売店に言ってみると、信頼できるお店かどうかは直感的にわかるはずです。
あと、走行距離が少なすぎる理由をちゃんと答えられる販売店(販売員)は信頼していいでしょう。それだけ個々の車を把握できている証拠だからです。

走行距離に比べて割安な中古車は疑ってかかろう

怪しい中古車かどうかを客観的に見極めるポイントはやはり【価格】です。
年式が古いのに走行距離が少なくて、なおかつメンテナンスが行き届いてる中古車は魅力的です。
ですから、そういった状態の良い車は同じ車種の他の中古車よりも価格が高くなるはずなのです。
にもかかわらず、走行距離が少なすぎる中古車の価格が相場よりもはるかに安く売られていたら要注意です。

中古車の価格が逆転していたら要注意

たとえば、年式の古い、走行距離10万キロのプリウスの中古車相場が20万円だったとしましょう。
そんな状況で、走行距離3万キロのプリウスが5万円で売られていたとしたら…。
極端な例ですが、これは超あやしいですよね。
本来なら走行距離が3万キロと少ないプリウスのほうが、値段が高いはずですから。
中古車市場の相場として、その2つの車が逆転することは本来ありえないはずです。

ネットで中古車相場をかんたんに調べる方法

もし中古車を探していて「年式のわりに走行距離が少ないな」と思ったら、まずは同じ車種・年式の車の相場価格をチェックしてみましょう。
インターネットで【車種名 年式 走行距離】で中古車検索をすれば相場はすぐにわかります。
簡単に調べられる方法なので、走行距離が少なすぎる車に出会ったらすかさずチェックしましょう。
走行距離と年式、中古車選びで重視すべきなのはどっち?

車の買い替え予算をアップさせる方法とは?

車の買い替え予算をアップさせる方法とは?
いずれにしても、走行距離が少なすぎる中古車はできれば避けるべきです。
なぜなら、安くてお得な買い物だと思って買ったとしても、あとで大きな損をする可能性があるから。
そもそも、きちんと買い替え予算が準備できれば、怪しい車をわざわざ買うこともありませんよね。
そのためには、車を買い替えるために資金を手元にしっかり用意したいところ。
車の買い替えにおいて、あなたにもスグに試せる方法があります。それはいま乗っている車をできるだけ高く売却することです。
いま乗っている車が高く売れれば、あたらしく買う車の予算が増えます。そうすれば、走行距離が少なすぎる怪しい車に手を出す必要もなくなりますよね。
愛車を最高額で売却する。これが本当に欲しいと思う車を買うためにできるコツです。
車の買取価格は業者によってバラバラですから、必ず複数のお店を比較して得るようにしましょう。
それだけで30万円以上も買取額に差が出ることがあるので、正直やらない手はないと思います。

僕の車が30万円以上も高く売れた理由

僕が乗っていたフォルクスワーゲン「ゴルフ」は無料の一括査定を活用したおかげで、ディーラーの下取りより38万円も高く売ることができました。その理由は「ナビクル車査定」(無料)を使ったからです。

査定はすべて無料で、申込みは最短45秒で終わります。スマホやパソコンに査定額がスグ表示されるのでとりあえず概算価格だけを知りたいという人にもおすすめです。

\ 今スグ愛車の最高額をチェックしてみる /
中古車の購入
シェアする
BRINK FLAG
タイトルとURLをコピーしました