【これで高く売れる】車の査定前に準備すべき3つのこと

車は査定する前に準備するかしないかで、買取額が大きく変わってきます。
車を査定に出すのって緊張しますよね。
生き様と言ったら大げさですが、車を査定されるのってこれまでの自分自身をどう評価されるのか?みたいな感覚があります。
そんな不安が伴う車の査定ですが、きちんと準備をしておけば無用な緊張や不安はなくなります。
さらにいえば、ちょっとした準備をしておくだけで査定額が高くなることだってあるくらいです。
今回は「車の査定前に準備しておくべき3つのこと」についてご紹介いたします。
なお査定のときに必要な書類を知りたい方は「車の査定時に必要な2つの書類を準備しよう!」をごらんください。

車の査定前の準備はこの3つでカンペキ!

では早速、準備しておくべきリストについて確認していきましょう。
査定には「書類の準備がたくさんありそう…」といったようなイメージがありますが、実際のところはそんなに面倒でもありません。
まずは以下の3つをきちんと事前に準備しておきましょう。

  • 1. 車をキレイに洗車しておく
  • 2. キズや故障は直せる範囲で十分
  • 3. 自分の車の買取相場と査定業者についての情報収集

この3つさえ準備ができていれば、車の査定準備は問題なし。万全な体制でのぞめるはずです。
1つずつ具体的に見ていきましょう。

なぜ査定の準備に「洗車」が欠かせないのか?

洗車や清掃は必要?車の査定前にすべき3つのチェック
まず1つ目にすべき査定準備は「洗車」です。
非常に当たり前のようにも思われますが、洗車をしておくことでどんな効果が得られるのでしょうか?

「車を大切にしてきたオーナー」という印象を植え付けよう

まずは何と言っても「査定業者に良い印象を与えることができる」。
車も人間と一緒で、身なりが清潔なほうが第一印象は良いにきまってます。だからこそ、車を売る前の洗車は欠かせません。
しかし、じつは洗車にはそれ以上に大切な効果があります。
それは「査定業者にマイナスポイントを探らせない」ということです。
いったいどういうこと?と思われるかもしれませんが、理由は非常にシンプルです。
「車をここまでキレイにしているんだから、大切に乗ってきたんだろうな」
このように査定業者に思わせることが、非常に重要になってきます。
たとえば本来はチェックされる車体の小さなキズなどのマイナス面を減らすことができるかもしれません。
ただ、洗車とはいっても時間をかけてピカピカにする必要はなく、洗車機でも全然OKです。それと、細かいキズなどを直す必要はありません。

業者に安心感を与えるためのポイント

もちろん、そこまで気にしない業者だっています。
でも反対に、とても汚れている車を査定する業者の立場になって考えてみたらどうでしょうか?
「汚い車だな…きっと普段からメンテナンスもしてないだろうな。ちゃんと査定で見ておこう」
このように感じるはずなんです。
ですから、車をきちんと洗っておくということは査定業者にマイナスポイントを探らせない意味でも有効です。
とはいえ、「査定前の準備に洗車は必要ない」という意見もがあるのも確かです。
しかし、結果的に査定額アップにも影響してくるのですから、洗車をしない理由はありません。
査定前の準備はまず洗車、そういっても過言ではないでしょう。
https://readgram.jp/sateimae-cleaning/

車のキズや故障はそのままで!準備に時間とお金をかけない

査定前の修理
2つ目は車のキズや故障についてです。
キズや故障が気になるあまり、準備に時間と手間をかけすぎるのは考えもの。
「すべて査定前に修理をするのが、準備の基本じゃないの?」
そんな答えが返ってきそうですが、ちょっと待ってください。
実は車のキズや故障部分は直さないほうが良い場合もあるのです。

車の業者は「低コスト・短時間」という強みを持つ

これはどういうことなのでしょうか?その答えは車を直すための「時間と費用」にあります。
車の査定をお願いするときに、車にキズや故障がないほうが高額査定を引き出せるのは当然のことです。
でも、自分でキズやヘコミを直そうとすると、多額の費用と時間がかかってしまいます。そして、お金をかけたからって査定額が高くなるとは限りません。
車の査定業者は自社の工場や提携している修理場で安く車を直すことができます。
素人であるわたしたちが、車のキズや故障を直そうとする場合、プロである査定業者が直すよりもかなりの費用がかかります。

査定前に修理に出すのは大きな赤字につながる

車を直した費用の分が査定額に反映されればいいのですが、現実はそうなることはまずありません。
修理費用を取り戻せるほど、査定額が上がらないということです。
最終的に手元に残るお金のことを考えれば、ムダな費用をコチラで支払う必要はありません
自分で修理セットを買ってきて手軽に直せる範囲であれば直してもいいかと思いますが、それ以上の不具合やキズはそのままにして査定に出すべきでしょう。
準備には時間と費用をかけすぎない、これも大切なポイントです。
https://readgram.jp/car-scratch-satei/

査定のときに準備しておく書類は?

査定のときに必要なのは車以外にもいくつかあります。
業者によっても異なりますが、用意しておくべきは以下の3つです。

  • ・車検証
  • ・自動車税納税証明
  • ・自賠責保険証明

車検証は車のスペックを示す重要な書類です。これがないと、査定のときに正確な査定額が出せません。そもそも、車検証を積んでない状態で行動を走るのは法律違反です。
あと意外と忘れがちなのが、自動車納税証明書自賠責保険証明です。
毎年4月時点の所有者は自動車税を払う必要がありますが、支払ったあとに受けとる控えが必要です。
そして、自賠責保険は法律で加入が義務付けられているため、その証明書が必要となります。
基本的には車のダッシュボードのなかに、車検証と一緒に保管してあると思います。
紛失していまっている場合は、業者に前もって相談しておきましょう。
無料査定で愛車の最高額をチェックしてみる

査定の準備で最も重要!「情報収集には時間をかけよう」

査定前の情報収集
3つ目の査定前の準備として「情報収集」があります。
これだけではザックリしていてわからないと思いますので、以下で整理して考えてみましょう。
情報収集には大きく分けて2つあります。

  • ・自分の車に関する情報(車の状態、買取相場)
  • ・査定業者に関しての情報(高く買い取ってくれるのはどこ?)

愛車について知っていると得をする

1つ目の「自分の車に関する情報」とは何でしょうか?
これは車のスペックや年式はもちろんのこと、いまどんなコンディションなのか?という愛車の現状のことを指します。
愛車について最低限の情報を知らないと、査定業者と交渉をするときに不利になります。
もっと具体的に言えば「査定業者に言いなり」にならざるを得ません。
なぜなら、車の情報を知っておかないと、業者が言ったことを信じるしかなくなるからです。
あなたが少しでも優位に査定を進めるためにも、愛車の走行距離と年式だけはしっかり覚えて準備しておきましょう。
走行距離の寿命や目安などを知っていると、査定額だどれくらい下がるのかを知ることもできます。

あなたの愛車相場は今スグに知ることができる

そして何よりも大切なのが「買取相場」をしっかりを知っておくこと。
自分の車とまったく同じ状態のものは世の中には存在しませんが、ある程度同じ状態の車であればカンタンに見つけられます。
買取相場を知りたいときの検索の仕方にはいくつか方法があります。

  • 「車の名前 年式 買取相場」
  • 「車の名前 年式 走行距離 買取相場」
  • 「車の名前 年式 (ボディカラー) 買取相場」

上の検索の仕方を見てもわかるように、査定をするときに年式は重要な基準になります。
発売されてから何年経つモデルなのかによって、査定額が変わってくるからです。
また、走行距離ボディカラー(車の色)も査定の基準になります。
日本では「走行距離10万キロを超えると査定額ほぼゼロ」、「派手な色は査定額が下がる」などの基準があります。
これらを含めた車の買取相場を事前に準備して知っておくことで、査定業者に安く買い叩かれるという事態を防ぐことができます。
2つ目の査定業者については、まず避けるべきなのは「下取り」と「持ち込み」です。
また、より高く買い取ってもらうためには「一括査定」をすることをオススメします。
インターネットの一括査定は車の情報を入力するだけで、その場で買取金額の目安が表示されます。
実際のお店に持ち込む前に、準備の1つとして一括査定を受けてみるといいですよ。あなたの車が最高額で売れるはずです。

僕の車が30万円以上も高く売れた理由

僕が乗っていたフォルクスワーゲン「ゴルフ」は無料の一括査定を活用したおかげで、ディーラーの下取りより38万円も高く売ることができました。その理由は「ナビクル車査定」(無料)を使ったからです。

査定はすべて無料で、申込みは最短45秒で終わります。スマホやパソコンに査定額がスグ表示されるのでとりあえず概算価格だけを知りたいという人にもおすすめです。

\ 今スグ愛車の最高額をチェックしてみる /
車の査定・買取車検
シェアする
BRINK FLAG
タイトルとURLをコピーしました