【値引きのチャンス】車をモデルチェンジの前に買い替えるべき3つの理由

車は買い替えるタイミングが非常に重要です。
特に、モデルチェンジが行われると、車の相場は大きく変動します。
買い替え費用を安くするために知っておくべき3つのポイントについて解説します。

モデルチェンジ前と後、どちらの車が欲しいか?

車のチェックポイント
最初にお伝えしておくと、必ずしもモデルチェンジ前に車を買い替えるべきとは限りません。
なぜなら、モデルチェンジ後の新型モデルを欲しいと考える人は多いからです。誰だって、新しいモデルのほうが良いですよね。
でも、価格のことを考えると新型モデルではなく、旧型を買ったほうがお買い得なのはほぼ確実です。
たとえば「4月に新型が発表されます」というアナウンスがあると、旧型モデルの価格交渉が有利になるので、大幅値引きが狙いやすくなります。
このように、タイミング次第では値引きによって旧型が安く手に入る可能性が高いので、旧型を狙うメリットが大きくなるというわけです。
新型と旧型、どちらを買うべきかは以下の流れで考えるとわかりやすいです。

  • ① 新型と旧型のスペック、デザイン、価格を比較する
  • ② 新型が良ければ発売日以降まで待つ
  • ③ 旧型のほうが良ければ、新型前の値引き交渉を狙う

モデルチェンジで旧型の価格が半額に?

【意外と安い】メルセデスベンツ「Aクラス」の価格と維持費を計算してみた
いまあなたが乗っている車は何年前に買ったものでしょうか?3年前、5年前、あるいは10年前かもしれませんね。
ご存知のとおり、車はモデルチェンジを繰り返します。
車のデザインや仕様の小幅な変更はマイナーチェンジ、大幅な変更はフルモデルチェンジといいます。
このうち、価格や需給に大きく影響するのはフルモデルチェンジです。

フルモデルチェンジは特に影響が大きい

自動車メーカーはモデルチェンジをすることで、新鮮さを打ち出そうとします。特に、大きなインパクトがあるのはやはりフルモデルチェンジです。
フルモデルチェンジはおおむね2〜4年のサイクルで行われます。マイナーチェンジは2年、フルモデルチェンジは4年が基本です。
ただ、車種によっては10年以上もフルモデルチェンジが行われないこともあるため、モデルチェンジ期間の明確な定義があるわけではありません。
ここでお伝えしたいこと、それはズバリ「モデルチェンジをすると旧型の車は中古車市場での価格が大きく下がる」「新型発売前の旧型は値引きが大きくなる」ということです。

当然ながら、人は新しいモデルが欲しい

考えると当然のことですが、人は誰しも新しいモデルを欲しがります。
そのため、中古車販売店としては古いモデルの価値を下げざるを得ません。
モデルチェンジをしたとはいえ、なかには性能的に大きな変化がないこともあります。
表面的なパッケージだけを変えて、真新しさを打ち出すのはメーカーの戦略です。
しかし、人は誰だって新しい物が好き。
そのため、性能や装備に大きなちがいが無くても、モデルチェンジが行われたというだけで旧型は価格が下がってしまいます。
旧型を購入するには絶好のチャンスですが、反対に売却を考えている人にとっては損な話です。
https://readgram.jp/used-car-after-mc/

モデル末期の新車は値引きが大きい

新型が発売される直前の現行モデルを「モデル末期」と呼んだりします。
モデル末期になると、現行モデルを買おうとする人は少なくなりますよね。なぜなら、多くの人が新型発売まで購入を控えるからです。
裏を返せば、これは現行モデルを安く買うチャンスでもあります。販売店にとっては値引きしてでもモデル末期の車種を売ってしまいたいからです。
そのため、新車であってもモデル末期の車種は値引き額が大きくなるので狙い目、というわけなんですね。

自分の車がモデルチェンジされたか調べるには?

【コレだけで準備OK!】車
なかには、いま乗っている車がすでに旧式なのかわからない人もいることでしょう。
フルモデルチェンジであれば外観が大きく変わっているのでわかりやすいですが、マイナーチェンジであれば見た目ではわかりません。
日頃から車の情報を追いかけていない人にとっては、マイナーモデルチェンジを知ることはなかなか難しいでしょう。
自分の車のモデルがいつのタイプなのかを知るには、2つの方法があります。

  • ・グレードを見て、サイトで照らし合わせる
  • ・車検証の「初度登録年月」を確認する

グレードを見ればスグに判別できる場合も

1つ目は、自分の車のグレードを確認する方法です。
車種にもよりますが、多くの車には車体にグレードが刻印されています。
このグレードをチェックして、Webの公式サイトでラインナップを見てください。
ここに同じグレードが紹介されていれば、現行のモデルである可能性が高くなります。
ただし、モデルチェンジ後もグレード名が変わらないことも多々あるので、すべての場合で確実にチェックできるわけではありません。

車検証の「初度登録年月」を確認する

2つ目は車検証の「初度登録年月」をチェックする方法です。
初度登録年月とは、新車が車検登録された日のことで、それが「年式」になります。これは車検証に記載されています。
たとえば2015年7月1日に新車登録された車であれば、2015年式ということです。
この年式が4年以上前の日付になっていたら、あなたの車は旧式である可能性が高くなります。
確実と言い切れない部分もあるのですが、4年経過してもマイナーチェンジがされない車はごくわずかです。

タイミング次第では大きく値崩れする

メガーヌ
もしいま、あなたが車の買い替えを検討しているのであれば、タイミングには十分に気を付けてください。
これは特に、車を売るときに主眼を置いた話です。

フルモデルチェンジ後の旧式の査定額はどうなる?

同じ車種のフルモデルチェンジが発売された後に車を手放すのはどうでしょうか。
モデルチェンジ後ですので、旧式は高く売れません。つまり、あなたの車の査定額は下がってしまうということです。
ということは、その分だけあなたが車を買い替えるコストは上がってしまいます
なぜなら、旧型の下取り額・買取額はどうしても下がってしまい、手元に残るお金が少なくなるからです。
新型発売直後ですぐに相場が下落するわけではありませんが、数ヶ月〜半年後には大幅な下落が予想されます。

フルモデルチェンジが行われる前に売るのがベスト

早いサイクルで車を買い替えている人であれば、フルモデルチェンジが発表される数ヶ月前に手放すべきです。
フルモデルチェンジするタイミングを知るのはむずかしいですが、新車情報などをニュースで追っていれば知ることができます。
新型車の情報は、クルマ雑誌やインターネットなどでも早い段階で取り上げられるので、車の買い替えを検討し始めたらすぐに、
「自分の愛車のモデルチェンジはいつだろう?」
という意識を持って臨みましょう。
フルモデルチェンジ後に新車を購入した人であれば、最初の車検を迎える前(3年落ち)にいまの車を手放してしまうという選択も視野に入れましょう。
なぜなら、そのほうが次のモデルチェンジによる値下がりを回避できるからです。
https://readgram.jp/model-change-newcar/

愛車のモデルチェンジがわかれば数十万円もお得

車買取査定
新車の情報にはアンテナを張っておくことをおすすめします。
自分と同車種の車がいつマイナーモデルチェンジするのか?あるいはフルモデルチェンジするのか?
車をお得に売りたいのであれば、先のことまで考えておくべきです。
モデルチェンジの情報を発売前に知るのは難しいところもありますが、タイミングをきちんと図るだけで30万円以上もは高く売れることがあります。
手間をかけるだけの効果は十分にあるでしょう。
まずはインターネットの見積もりでかまわないので、査定してみることをオススメします。

僕の車が30万円以上も高く売れた理由

僕が乗っていたフォルクスワーゲン「ゴルフ」は無料の一括査定を活用したおかげで、ディーラーの下取りより38万円も高く売ることができました。その理由は「ナビクル車査定」(無料)を使ったからです。

査定はすべて無料で、申込みは最短45秒で終わります。スマホやパソコンに査定額がスグ表示されるのでとりあえず概算価格だけを知りたいという人にもおすすめです。

\ 今スグ愛車の最高額をチェックしてみる /
車の売却
シェアする
BRINK FLAG
タイトルとURLをコピーしました