【幸せな新婚生活】結婚で車を買い替える前に知っておきたい4つのこと

結婚と車の買い替え

結婚のタイミングで車を買い替える人はたくさんいます。かくいう僕も、結婚をしてすぐに車を買い替えました。
車の買い替えは楽しいイベントですが、やらなければいけない手続きが多いのも確かです。
結婚のタイミングで車を買い替える人に知って欲しいポイントを4つご紹介します。

結婚による車の買い替えチェックリスト

メルセデス・ベンツ「Bクラス」の評価はいかに?価格、燃費、サイズ、内装を検証してみた車の買い替えにあたって、さまざまな条件を検討する必要があります。
いままでは自分の欲しい車を買えば良かったわけですが、結婚をすると夫婦や子どものことまで考慮しなければいけません。
結婚をして車を買い替える前にチェックしておきたいことを確認しておきましょう。

  • ・予算はどれくらい?
  • ・どんな車種にする?
  • ・子どもはどうする?
  • ・いまの車はどうする?

車の買い替え前にチェックしておくべきことは以上の4つです。1つずつ見ていきましょう。

車の購入予算はどれくらい?

車のお金
車の購入において、もっとも大事なことは「予算をしっかりと決めること」です。
せっかく車を買い替えたのに、支払いが負担になると生活が苦しくなります。
せっかく新婚生活が始まってもお金がないとツラいですし、夫婦ゲンカの原因にもなります。
ローンを組む場合と、一括払いにする方法をそれぞれ見ていきましょう。

車のローンを組む場合は?

ローンを組むのであれば、毎月の支払いシュミレーションをしっかり行いましょう。
毎月の給料から、車の支払いに充てられるのはいくらでしょうか?
ボーナスがあるのであれば、ボーナス払いを使うと金利の負担が少なくなります。
夫婦共働きということであれば、どちらが費用を負担するのかも明確に決めておきましょう。
なんとなく決めてしまうと、一方のみに車の支払い負担がかかってしまう可能性もあります。
結婚によって家計管理の方法が変わることもあるでしょうから、しっかり話し合っておきたいですね。
目安としては、収入の20%を上限に返済するのが良いと言われています。たとえば月収が30万円の家庭なら、毎月6万円までを返済に充てて大丈夫ということです。
毎月の返済額が多すぎても生活が苦しくなりますし、少なすぎると返済期間が長くなって利息負担が大きくなります。
https://readgram.jp/car-paying-cash/

車を現金一括で払う場合は?

なかには貯金を崩して、現金一括払いで買おうと考えている人もいることでしょう。
一括払いで購入できれば、金利の負担がゼロになるので支払い総額を抑えることが可能です。
しかし、現金一括払いをするときに1つ注意したいことがあります。
それは「急な出費」です。
車を現金で買って貯金がなくなってしまうと、万が一のときにお金がなくなってしまいます。
ケガや病気はいつやってくるかわかりませんし、急な出費が必要になることもあります。
もし結婚をして子どもがいる場合はなおさらです。
現金払いで払って貯金がすべてなくなってしまうのであれば、車のローンを組んだほうが万が一の備えにもなります。
一括払いにこだわりすぎるのではなく、結婚と人生のアクシデントも想定しておきましょう。
僕はいま乗っているボルボV60を買うときもローンを組みました。
手元には一括払いで買える貯金もあったのですが、すべて使ってしまうのは不安だったので、購入金額の50%だけローンを組むことにしました。
これならローン払いと現金払いのイイとこ取りになるので、バランスが良いです(無事、完済することもできました)。
https://readgram.jp/how-much-money/

夫婦二人が満足できる車種をえらぼう

車売買のメリット・デメリット
結婚による車の買い替えでおさえておくべきポイントの2つ目は「車種えらび」です。
これについては、男性と女性の車に対する価値観の違いがたびたび話題にあがります。
男性は自分の理想とする車を求める傾向がありますが、女性は家計や実用性を優先した車を求めがちです。
話し合いをしてお互いが納得した車種が決まればいいのですが、決裂することも少なくありません。
どちらか一方の意見を押し通すと、車を買ったあとに不満が出てくることもあります。
ご主人と奥さんの欲しい車で意見が合わずに、離婚問題に発展することも実際に起きています。
僕の友人夫婦は車えらびの話し合いが合わず、離婚の直前にまでなりました(これには僕も驚きましたが…)。
ですから、車種を決めるときには「譲れないところ」を伝え合うのではなく「妥協できるところ」をメインに話し合うことをオススメします。
たとえば僕の場合、国産車でも輸入車でもOKなんですが、安全性が低い車は絶対にNGでした(具体的には自動ブレーキ未搭載の車)。
こんな感じで、妥協点を探っていくことで2人が納得いく車を買うことができるはずです。
できれば結婚をする前から、なんとなくでいいので車の話をしておけるといいですね。
https://readgram.jp/new-car-waver/

結婚後に子どもが生まれる可能性も考えよう

クロスビー
車を選ぶときは、どうしても「いま欲しい車」を求めがちです。
ですから、夫婦二人でちょうど良い車を選んでしまうと、子どもが生まれてから使い勝手が悪くなる可能性もあります。
いま欲しい車を優先したい気持ちはわかりますが、子どもが生まれても対応できる車を選びましょう。
また、いまは「子どもを作らない」という選択をしていても、ちょっとしたことで気持ちが変わる可能性もありますからね。
いわゆる「できちゃった結婚」であれば、すでに子どものことを考えた車選びが必要です。
https://readgram.jp/kids-for-car/

コンパクトだけど収納力のある車種がおすすめ

もっとも効率的なのは、大きすぎず小さすぎない中間的な車を購入することです。
スポーツカーやセダンは夫婦2人のときはいいかもしれませんが、結婚して子どもが生まれると不便です。
ですので、ミニバンやコンパクトカーなどを選んでおくと子どもが生まれてもそのまま使えます。
以下の車種であれば、ちょうどいいでしょう。夫婦二人が運転しやすい車を選びたいですね。

  • ・トヨタ「ヴォクシー」
  • ・スズキ「クロスビー」
  • ・日産「セレナ」
  • ・日産「キューブ」
  • ・ホンダ「ステップワゴン」
  • ・ホンダ「N-BOX」
【運転しやすい車が全部わかる】乗りやすい車の条件とおすすめ車種25選
「運転しやすい車」というのは、車選びにおいて重要なポイントです。「コンパクト」「目線が高い」という2つの条件に焦点を当てて、運転しやすいおすすめの車をご紹介します。

結婚をして、いまの車はどうする?

車のチェックポイント
車の買い替えとなると、いま乗っている車をどうするかも問題です。
地方に住んでいるのであれば1人1台が当たり前のことも多いので、買い増しという選択もあるでしょう。
都心に住んでいるのであれば、駐車場代の負担もありますから、買い替えが現実的かもしれません。特に東京都の場合は維持費が大きな負担になります。


もしあたらしい車に買い替えるのであれば、いま乗っている車をできるだけ高く売却する工夫をしましょう。
結婚生活が始まると予想以上にお金がかかります。新居にお金が必要なのはもちろんのこと、結婚式を挙げるのであれば100万円以上の出費が発生することになるでしょう。
いま乗っている車が高く売れれば、新婚生活に必要なお金が手元に残りますから、生活が少しラクになるはずです。

「下取り」よりも「買取」がおすすめな理由

車を買い替えるときには、ディーラーや販売店に下取りすると便利です。しかし、高く売りたいのであれば買取店で見積もりをとってもらうことをオススメします。
下取りだと1社のみの見積もりとなってしまい、車の最高額がわからないからです。
複数の買取店に見積もりを出してもらえば、相場がわかるので、より高く買い取ってもらうことができます。
結婚生活はなにかとお金がかかるものです。
車が高く売れれば、あたらしい車の買い替え費用の負担を軽くすることもできますよね。

結婚で車を買い替えるときの注意点【まとめ】

  • ① 毎月の収入から無理のない返済プランを立てる
  • ② 夫婦二人が満足できる車種を選ぶ
  • ③ 子どもが増える可能性も考えておく
  • ④ いま乗っている車を高く売る

僕の車が30万円以上も高く売れた理由

僕が乗っていたフォルクスワーゲン「ゴルフ」は無料の一括査定を活用したおかげで、ディーラーの下取りより38万円も高く売ることができました。その理由は「ナビクル車査定」(無料)を使ったからです。

査定はすべて無料で、申込みは最短45秒で終わります。スマホやパソコンに査定額がスグ表示されるのでとりあえず概算価格だけを知りたいという人にもおすすめです。

\ 今スグ愛車の最高額をチェックしてみる /
中古車の購入新車の購入・買い替え
シェアする
BRINK FLAG
タイトルとURLをコピーしました